ネズミ超音波について

subpage1

ねずみは昔から人間とともにありました。



特に築年数が長い住宅、農家、工場、倉庫、ごみ置き場などには、必ずと言ってよいほど生息をしています。天井裏を駆け回ったり、ごみ置き場に群がったり、物をかじったり、病原菌の媒介にもなり、その駆除には昔から人々は苦慮してきました。

駆除には昔から猫を飼ったりしていましたが、手段としてはネズミ捕り器、殺鼠剤、粘着テープなどがあります。

これらはそこそこ効果があるものと思われます。
専門業者なら処分は事務的に行いますが、素人の場合、まだ生きているネズミを水につけたり、ごみとして処分したりして殺さねばなりません。

それは心理的にストレスとなり苦痛にも感じるものです。

NAVERまとめの最新情報が揃っています。

それに引き換えネズミ超音波を用いた駆除方式は、これらのストレスがありません。

ネズミ超音波はネズミを追い払う方法で、ある程度高価なものがよいようです。

捕まえるのではなく追い払うという方式は画期的です。



そもそも超音波とは人間んが耳で聞くことができない音域のは周波数のことで、通常20Kzを超えたものをいいます。
超音波はその特性から、医療診断や魚群探知に応用されています。
ネズミ超音波はねずみが嫌う周波数ですが犬や赤ちゃんに反応することがあるそうです。

また、一定の波長だとネズミも慣れてしまうことがあり、定期的に周波数を変えるものもあります。また、ねずみは走り回る経路がありますから、穴を探して、缶詰のふたなどの金属で穴をふさぐことも相乗効果があるようです。